医療・合理性・経験 : バイロン・グッドの医療人類学講義

バイロン・J.グッド 著 ; 江口重幸 ほか訳

モーガン記念講義をもとにしてバイロン・グッドが著した本書は、医療人類学の四半世紀の流れを俯瞰するものであり、その多様な試みと可能性、そして限界までをも考察しようとするものである。著者は、生物医学に収斂するかに見える今日の医学・医療を徹底して疑い、意味を中心とするアプローチ、病いの再現=表象理論、批判的現象学、そして物語論、読者反応論などを駆使しながら、医療や病いを、社会的・文化的・美学的文脈から、異言語混淆的なものとして描き出そうとする。病いや患うことの意味を徹底して問おうとする本書は、批判的思考はもちろん、豊かな臨床知の鉱脈であり、21世紀に架橋するこの分野の記念碑的な著作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 医療人類学と信念の問題
  • 第2章 医療人類学における病いの再現=表象-この分野へのひとつの見解
  • 第3章 医学はいかにしてその対象を構成するか
  • 第4章 症候学=記号学と医学的現実の研究
  • 第5章 身体・病いの経験・生活世界-慢性の痛みの現象学的記述
  • 第6章 病いの物語的再現=表象
  • 第7章 美学・合理性・医療人類学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療・合理性・経験 : バイロン・グッドの医療人類学講義
著作者等 Good, Byron
江口 重幸
Good Byron J.
三脇 康生
下地 明友
五木田 紳
大月 康義
グッド バイロン・J.
書名ヨミ イリョウ ゴウリセイ ケイケン : バイロン グッド ノ イリョウ ジンルイガク コウギ
書名別名 Medicine,rationality,and experience
出版元 誠信書房
刊行年月 2001.5
ページ数 411p
大きさ 22cm
ISBN 4414428564
NCID BA52117263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想