ヴィジュアル・カルチャー入門 : 美術史を超えるための方法論

ジョン・A.ウォーカー, サラ・チャップリン 著 ; 岸文和 ほか共訳

本書は、イギリスやアメリカにおいて近年盛んに議論されるようになってきた「ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ」という新しい研究方向を概説的に紹介した入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「カルチャー」とは何か?
  • 「ヴィジュアル」とはどういうことか?
  • 「ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ」とは何か?
  • 理論とどのようにつきあうか?
  • 生産・流通・消費のモデル
  • さまざまな制度
  • 視線、眼差し、監視
  • ヴィジュアル・リテラシーと視覚の詩学
  • さまざまな分析方法
  • ヴィジュアル・カルチャーの快楽
  • 規範-価値とは何か
  • ヴィジュアル・カルチャーと商業
  • ニュー・テクノロジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィジュアル・カルチャー入門 : 美術史を超えるための方法論
著作者等 Chaplin, Sarah
Walker, John Albert
井面 信行
佐藤 守弘
前川 修
岸 文和
青山 勝
Walker John A.
チャップリン サラ
ウォーカー ジョン・A.
書名ヨミ ヴィジュアル カルチャー ニュウモン : ビジュツシ オ コエル タメノ ホウホウロン
書名別名 Visual culture

Vijuaru karucha nyumon
出版元 晃洋書房
刊行年月 2001.5
ページ数 240, 61p
大きさ 21cm
ISBN 4771012547
NCID BA52107350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想