ポストコロニアル理論入門

アーニャ・ルーンバ 著 ; 吉原ゆかり 訳

ポストコロニアル理論とはなにか。文学と植民地支配言説との関係とは?ジェンダー、人種、階級と植民地イデオロギーとの関係とは?グローバル化とネオ・コロニアリズムとは?植民地主義、ポストコロニアル理論、歴史背景を徹底的に解説。通常、複雑かつ難解と思われているポストコロニアル理論における論争を数々の具体例を交え、明晰に概説する「ポストコロニアル理論」の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コロニアル/ポストコロニアル研究とはなにか(専門用語の整理:植民地主義、帝国主義、新植民地主義、ポストコロニアリズム
  • 植民地主義から植民地言説へ
  • 植民地言説 ほか)
  • 2 コロニアルなアイデンティティとポストコロニアルなアイデンティティ(人種的・文化的差異はどのように構築されるのか
  • 人種、階級、植民地支配
  • 精神分析学と植民地主義主体 ほか)
  • 3 植民地支配への挑戦(ナショナリズムとパン・ナショナリズム
  • 文学と「ネーション」
  • パン・ナショナリズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストコロニアル理論入門
著作者等 Loomba, Ania
吉原 ゆかり
ルーンバ アーニャ
書名ヨミ ポストコロニアル リロン ニュウモン
書名別名 Colonialism/postcolonialism
シリーズ名 言語科学の冒険 14
松柏社叢書 14
出版元 松柏社
刊行年月 2001.6
ページ数 353p
大きさ 22cm
ISBN 4881989650
NCID BA52099729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20216944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想