摂食障害治療のこつ

下坂幸三 著

本書は摂食障害治療の第一人者として重症例・慢性例と取り組んできた著者が、おのずと到達したその治療の「こつ」を、余すところなく披瀝するものであり、摂食障害という病気に苦しむ本人と家族をともに援助するという視点から書かれた、実践的な臨床書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 摂食障害の治療指針
  • 座談摂食障害-昔の患者と今の患者そして治療
  • 摂食障害-その現象と対策
  • 摂食障害と強迫
  • アノレクシア・ネルヴォーザ覚書
  • 過食症に対する外来心理療法の原則
  • 神経性無食欲症に対する常識的な家族療法
  • 父親の態度に照らしてみた摂食障害の発達の病理
  • 摂食障害患者とその家族に対する心理教育的アプローチ
  • 「摂食障害者の家族」補遺
  • 「粗っぽい家族療法」について
  • 受診しない摂食障害者の家族援助による治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂食障害治療のこつ
著作者等 下坂 幸三
書名ヨミ セッショク ショウガイ チリョウ ノ コツ
書名別名 Sesshoku shogai chiryo no kotsu
出版元 金剛
刊行年月 2001.5
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 477240693X
NCID BA52095615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20194784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想