栽培植物の自然史 : 野生植物と人類の共進化

山口裕文, 島本義也 編著

本書は、応用科学としての生物学を背景にしたさまざまな立場からの分析結果とこれまでの知見にもとづいて、栽培植物の本質とその自然史を論考しようとするものである。栽培植物の成立にかかわるさまざまな科学領域のうち、とくに植物学と遺伝子科学にかかわる内容を中心として構成した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 栽培植物の種分化と遺伝的多様化(栽培植物の分類と栽培化症候
  • 栽培植物における自己認識システムの進化
  • テンサイにおける細胞質ゲノムの系譜
  • アブラナ属植物と近縁属の系統分化)
  • 第2部 栽培植物の成立と伝播(ダイズの進化-ツルマメの果たしてきた役割
  • 細胞質雄性不稔遺伝子からみたハマダイコンと栽培ダイコンの関係
  • アズキの半栽培段階における生活史特性の進化
  • イネの起源と系譜
  • ココヤシの多様性と伝播
  • 日本の野生サトイモと栽培サトイモ)
  • 第3部 栽培植物と文化の共進化(シソとエゴマの分化と多様性
  • コーロ茶と山茶の起源-雌しべの形とDNA変異が語るもの
  • ブドウ品種の多様性とワイン-その相互関係の進化
  • キノコの利用と栽培化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 栽培植物の自然史 : 野生植物と人類の共進化
著作者等 三上 哲夫
佐藤 洋一郎
保田 謙太郎
大西 近江
山口 聡
山口 裕文
山岸 博
島本 義也
新田 みゆき
望岡 亮介
杉村 順夫
松元 哲
種坂 英次
西尾 剛
谷本 忠芳
阿部 純
高畑 義人
書名ヨミ サイバイ ショクブツ ノ シゼンシ : ヤセイ ショクブツ ト ジンルイ ノ キョウシンカ
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 2001.6
ページ数 241p
大きさ 21cm
ISBN 4832999311
NCID BA52094995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20200301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想