新しい経済学と世界観

小林彌六 著

気鋭の経済学者が送る警世の書!利益追求、効用性追求、効率至上主義、成長至上主義は、形而下学・形而上学双方からみて、罪の勧奨、悪徳の勧奨をしているのではないのか。それは、環境・伝統文明・文化・伝統文化を汚染し、社会・家庭・個人の神経・人格を破壊(IT革命)する。機械による人間操作が進み荒廃はさらに激化する。我々人間にとって無理のない自然な生き方はますます破壊されていく。地球と人間の砂漠化が進んでいくだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二一世紀の新文明(ニュートン型社会科学・人間学からの離脱とポスト・アインシュタイン型へのパラダイム転換
  • 二一世紀の新文明 ほか)
  • 第2章 社会科学のパラダイム転換-疎外された社会科学よりポスト・モダンのホーリスティックな社会科学へ(社会科学のパラダイム転換の必要性
  • 現代社会科学と現代世界 ほか)
  • 第3章 二一世紀の新しい社会思想(経済学のパラダイム転換
  • 第三の経済学と第三の経済システム-友愛経済学と友愛主義の社会思想)
  • 第4章 グローバル化世界の実相・一仮説としての問いかけ(大国同盟-世界オリゴポリー・オリガーキー寡頭制・奉仕か支配か
  • 超国家的な経済システム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい経済学と世界観
著作者等 小林 弥六
書名ヨミ アタラシイ ケイザイガク ト セカイカン
出版元 春風社
刊行年月 2001.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4921146306
NCID BA52075185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想