江戸の知られざる風俗 : 川柳で読む江戸文化

渡辺信一郎 著

江戸川柳は「世相を映す鏡」である。江戸中期、初代・柄井川柳の登場で、一躍、庶民性を得た川柳。そこには、現代人には想像もつかない江戸庶民の生活の実相が、生き生きと描かれている。本書は川柳を鍵として、江戸庶民の知られざる風俗、文化を現代に甦らせた書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 江戸の人々の生活(四季の行き交い
  • 知られざる習俗
  • 知られざる物売り・生業)
  • 第2 江戸語彙物語
  • あとがきに代えて-古川柳と狂句

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の知られざる風俗 : 川柳で読む江戸文化
著作者等 渡辺 信一郎
書名ヨミ エド ノ シラレザル フウゾク : センリュウ デ ヨム エド ブンカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.5
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4480058958
NCID BA52066854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想