老人福祉論

小笠原祐次 編

本書の旧版から6年がたち、その間に老人福祉制度が大きく変化し、旧版の内容では、現実の制度、実践に対応することが難しくなった。そこで、本書では、全体の章を見直すとともに、老人福祉制度の概要について改訂し、介護保険制度を新たな章として追加し、在宅福祉サービスについて大幅な改訂を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代社会と老人問題
  • 家族の変貌と高齢者の介護問題
  • 老人福祉の歩みと老人福祉の理念
  • 老人福祉制度の現状と課題
  • 老人福祉サービスの体系と行財政
  • 介護保険法と介護サービス
  • 在宅福祉サービスの内容、方法と現状
  • 老人ホームの体系・制度と生活援助(処遇)の課題
  • 社会参加・生きがい活動への援助と課題
  • 老人保健法と老人保健サービス
  • シルバーサービスの動向、現状と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老人福祉論
著作者等 小笠原 祐次
書名ヨミ ロウジン フクシ ロン
シリーズ名 新・セミナー介護福祉 / 一番ケ瀬康子 ほか監修 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2001.5
版表示 新版
ページ数 209p
大きさ 26cm
ISBN 4623033511
NCID BA52058186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想