自然環境と環境文化

鳥越皓之 編

本書は、人間と、自然環境および文化・歴史環境とのさまざまなかかわり方を明らかにしている。人間が生活のなかで見つめた「自然」と、人間の思考、価値観の表現としての「文化」-フィールド研究に裏づけられた各章の論考は、平板な「環境」観に問い直しをせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間にとっての自然-自然保護論の再検討
  • 第2章 コモンズの社会学-自然環境の所有・利用・管理をめぐって
  • 第3章 漁撈と環境保全-琵琶湖の殺生禁断と漁業権をめぐる心性の歴史から探る
  • 第4章 森林保全とその担い手
  • 第5章 農業における環境破壊と環境創造
  • 第6章 有機農業運動の可能性
  • 第7章 景観とナショナル・トラスト-景観は所有できるか
  • 第8章 歴史的環境の保全と地域社会の再構築
  • 第9章 レジャー開発と地域再生への模索
  • 第10章 自然と文化の環境計画-「半栽培」と「放置管理」の思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然環境と環境文化
著作者等 古川 彰
嘉田 由紀子
堀川 三郎
宮内 泰介
徳野 貞雄
松村 和則
柿澤 宏昭
橋本 道範
野田 浩資
青木 辰司
鳥越 皓之
書名ヨミ シゼン カンキョウ ト カンキョウ ブンカ
シリーズ名 講座環境社会学 / 飯島伸子 ほか企画編集 第3巻
出版元 有斐閣
刊行年月 2001.5
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4641071942
NCID BA52054152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20190271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想