生態系を蘇らせる

鷲谷いづみ 著

トンボ、メダカ、ドジョウ、サクラソウ、アサザ、フジバカマなど、この数年、急速に姿を消しつつある、身近な生き物たちや草花。大量生産・大量消費・大量廃棄という、現代社会の危うさと空しさ。こうした生物多様性の急激な喪失は、生態系の健全さを失わせ、限界をわきまえない地球環境の過剰利用は、地球そのものを破壊する。非平衡、不安定、不確実という、生態学の提示する自然観は、生態系の複雑さと繊細さに、順応的に向き合うことを求める。霞ヶ浦の豊かな水辺の再生を試みる保全生態学の第一人者が、生態系を意識する社会の必要性とそのための方途を強く訴えかける、提言の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今なぜ、生態系か
  • 第1章 「ヒトと生態系の関係史」から学ぶ
  • 第2章 生態系観の変遷
  • 第3章 進化する生態系
  • 第4章 撹乱と再生の場としての生態系
  • 第5章 健全な生態系とは
  • 第6章 巨大ダムと生態系管理
  • 第7章 生態系をどう復元するか
  • 第8章 生態系を蘇らせる「協働」
  • 終章 生態系が切りひらく未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生態系を蘇らせる
著作者等 鷲谷 いづみ
書名ヨミ セイタイケイ オ ヨミガエラセル
書名別名 Seitaikei o yomigaeraseru
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.5
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4140019166
NCID BA52047849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想