ポスト戦後体制への政治経済学

碓井敏正, 大西広 編

本書では、日本の戦後体制と、今後来るべきポスト戦後体制を、全体をひとつの構造として理解している。日本型の「福祉社会」の問題も全体構造の転換とどうかかわっているのか説明、家族や企業における性差別問題の変化や教育システム改革の問題も、「体制転換」の諸相として展開される。補論として、社会改革勢力と自由主義的思想との本来の関係に関する問題提起と、最近あまりにもてはやされすぎているかにみえるNPO・協同センターの問題点を論じた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論-体制転換の政治経済学(体制転換の政治経済学
  • 日本型「官=業」体制の政治経済学
  • 「能力主義」社会の規範哲学序説)
  • 第2部 各論-戦後社会システムの変容(日本型政党システムの変容と転換
  • 日本型企業主義の変容と転換
  • 日本型福祉国家の変容と転換
  • 日本型ジェンダー構造の変容と転換
  • 日本型戦後教育体制の変容と転換 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト戦後体制への政治経済学
著作者等 大西 広
碓井 敏正
書名ヨミ ポスト センゴ タイセイ エノ セイジ ケイザイガク
出版元 大月書店
刊行年月 2001.5
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 427221070X
NCID BA52036842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20180106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想