詩篇アマータイム

松本圭二 著

マルメラは小さな箱をみつけた。カンザスには古い河があったろう、そこで箱の中身は仔犬の魂だった。父は仔犬を見ると必ず「のらくろ」と呼んでいた…おまえはヘミングウェイを知っているか。僕は16歳で知った、ジョン・ウェインの親戚だ。マルメラもその頃知った。マルメラマルメラと教室で騒いでいたがそいつがマラルメだと気づいてどうでもよくなった。そんなへんな名前のやつはカンザス、カンザス、唾の詩、詩の唾…アレフのよだれが詩集『SUMMERTIME』からSの文字を消した。以後『アマータイム』と呼ばれるサタンの書には緑色の血が染みつくことになる。トッゲ・ド!ストゴド!90年代以後の現代詩の命運に立つ松本圭二の問題作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩篇アマータイム
著作者等 松本 圭二
書名ヨミ シヘン アマータイム
出版元 思潮社
刊行年月 2000.8
ページ数 103p
大きさ 24cm
ISBN 4783712077
NCID BA52025052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20097255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想