「いのち」の近代史 : 「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者

藤野豊 著

「病」ゆえ国家の犠牲となった人びとの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「一等国」へのばく進の途上で
  • 2 民族浄化-皇室と社会運動家の接点
  • 3 たたかう病者
  • 4 断種の論理
  • 5 植民地・占領地のハンセン病政策
  • 6 継続された隔離政策-患者にとっての「戦後民主主義」
  • 7 「らい予防法」下の苦闘
  • 8 隔離九〇年の重さ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「いのち」の近代史 : 「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者
著作者等 藤野 豊
書名ヨミ イノチ ノ キンダイシ : ミンゾク ジョウカ ノ ナ ノ モト ニ ハクガイサレタ ハンセンビョウ カンジャ
書名別名 Inochi no kindaishi
出版元 かもがわ
刊行年月 2001.5
ページ数 685p
大きさ 20cm
ISBN 4876995877
NCID BA52020591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想