認知文論

平澤洋一 編

21世紀に求められる認知文論。コンピュータによる認知実験の成果、日本人と留学生の構文の違い、文を科学的に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディスコース論(ディスコースとセンテンス
  • 文法性進展と話法性進展、その概観 ほか)
  • 第2章 ディスコースと非文(問題のありか
  • 意味逸脱に関わる事象関連電位:N400 ほか)
  • 第3章 視覚表現のディスコース(説得・誘惑するディスコース
  • 文字とは何か ほか)
  • 第4章 ディスコースの認知(「記憶」とディスコース
  • 常識とディスコースの意味 ほか)
  • 第5章 ディスコースと日本語教育(問題のありか
  • 話しことばと書きことば ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知文論
著作者等 平沢 洋一
書名ヨミ ニンチブン ロン
シリーズ名 日本語教育学シリーズ 第5巻
出版元 おうふう
刊行年月 2001.5
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4273031655
NCID BA52018057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想