菅原道真と平安朝漢文学

藤原克己 著

本書は、平安朝漢文学における儒教の受容や隠逸思想の性格を浮き彫りにしつつ、個々の漢詩文作品の読みを通して、菅原道真をはじめとする王朝の文人たちの内面に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 前近代の日本と中国
  • 1 嵯峨朝の漢文学
  • 2 転換期としての承和期
  • 3 菅原道真の詩と思想
  • 4 平安朝漢文学の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菅原道真と平安朝漢文学
著作者等 藤原 克己
書名ヨミ スガワラ ノ ミチザネ ト ヘイアンチョウ カンブンガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.5
ページ数 427p
大きさ 22cm
ISBN 4130800647
NCID BA52001531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想