草原と馬とモンゴル人

楊海英 著

匈奴や突厥として中国を脅かし、ユーラシアの東西を架橋した遊牧騎馬民族モンゴルとは、どのような人びとなのか。厳しい自然環境と折り合い、家畜を育みながらの生活は、農耕民の生活観・自然観とは大きく異なっている。オルドス草原を駆ける馬たちの背に、かれらの生活と人生がある。英雄チンギス・ハーンを追慕する壮大な叙事詩をたどり、モンゴルの人びとの馬に対する思いから遊牧民の生き方をさぐる。オルドス・モンゴル族の一員である著者が語る遊牧の文明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ モンゴルとは
  • 第1章 馬と暮らす(オルドス-わが故郷の歴史
  • オルドスの自然環境
  • オルドス・モンゴル族の性格
  • 遊牧から定住へ)
  • 第2章 駿馬の誕生(伝説の駿馬たち
  • 歴史をウマから語る
  • 鞍を背負うこと-没落者の駿馬とは)
  • エピローグ 馬群は消えど、馬は消えない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 草原と馬とモンゴル人
著作者等 楊 海英
書名ヨミ ソウゲン ト ウマ ト モンゴルジン
書名別名 Sogen to uma to mongorujin
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.5
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 4140019158
NCID BA51992838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想