「ヨコ」社会の構造と意味 : 方言性向語彙に見る

室山敏昭 著

「怠け者」「嘘つき」のように、社会的規範に照らして人の行動パターンを評価する語のまとまりである「性向語彙」を対象化して、多角的な観点から分析し、民衆が継承してきた理想的人間像と日本社会の基底にある「ヨコ」性の秩序原理を解明することによって、永遠の課題とも言うべき「日本人とは何か」という問いに、一つの明快な答えを与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方言性向語彙(対人評価語彙)の発見
  • 第2章 方言性向語彙と「世間体」
  • 第3章 方言性向語彙の構造と意味
  • 第4章 方言性向語彙の展開
  • 第5章 性向語彙の基本特性と「ヨコ」性の原理
  • 第6章 地域文化としての方言性向語彙
  • 第7章 方言性向語彙の変容
  • 付章 「仕事の遅い人」を表す名詞語彙の生成と意味構造-岡山県浅口郡鴨方町方言の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ヨコ」社会の構造と意味 : 方言性向語彙に見る
著作者等 室山 敏昭
書名ヨミ ヨコ シャカイ ノ コウゾウ ト イミ : ホウゲン セイコウ ゴイ ニ ミル
書名別名 Yoko shakai no kozo to imi
シリーズ名 いずみ昴そうしょ 1
出版元 和泉書院
刊行年月 2001.5
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 4757601085
NCID BA51989935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20179796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想