遺伝子組換え食品

川口啓明, 菊地昌子 著

テレビ・新聞・雑誌などが遺伝子組換え食品について不正確で不十分な情報を流し続けているために、一般消費者の間に"危険なもの"というイメージ先行の誤解が広がっている。それらの誤解は、最終的には消費者自身に不利益をもたらしかねない。本書は、そもそも食品は体にどう取り込まれているのか、"遺伝子"自体は食べたらどうなるのか、といった基礎の基礎から話を始め、多くの人々がもっている「不安視」のどこに誤解があるのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まずは体の仕組みから
  • 第2章 なぜ食べ物を食べるのか
  • 第3章 DNAとタンパク質の世界
  • 第4章 遺伝子組換え作物とはなにか
  • 第5章 遺伝子組換え表示への疑問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子組換え食品
著作者等 川口 啓明
菊地 昌子
書名ヨミ イデンシ クミカエ ショクヒン
書名別名 Idenshi kumikae shokuhin
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.5
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4166601709
NCID BA51987226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想