量子場の数理

荒木不二洋 著

本書では、量子論の概念構成と、それを裏うちする数学的構造からやさしく説き起こして、相対論的対称性など量子場のもつべき少数の基本的性質を一般的に定式化し、そこから粒子像や散乱現象の特徴、スピンと統計の関係など豊富な物理的帰結が引き出せることを示す。岩波講座としての第2次刊行に際して第7章を加え、量子場の数学的構造の具体例として2次元カイラル共形場と作用素環の包含との相互関係をとりあげ、最近の発展を紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 状態と物理量
  • 2 量子論
  • 3 相対論的対称性
  • 4 局所物理量
  • 5 散乱理論
  • 6 セクター理論
  • 7 具体例
  • 付録(Hilbert空間と作用素
  • 作用素環
  • 自由場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子場の数理
著作者等 荒木 不二洋
書名ヨミ リョウシバ ノ スウリ
書名別名 Ryoshiba no suri
シリーズ名 現代物理学叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.5
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 4000067583
NCID BA51984680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想