ボルヘスの「神曲」講義

ホルヘ・ルイス・ボルヘス 著 ; 竹村文彦 訳

「あらゆる文学の頂点に立つ作品」とボルヘスが讃える、ダンテの『神曲』をめぐる九つの随想。『神曲』全編のなかでも最も名高いフランチェスカの悲劇とオデュッセウスの冒険の挿話を論じた「慈悲深い死刑執行人」「オデュッセウスの最後の旅」。ダンテとベアトリーチェの再会と別離について語る「夢の中の出会い」「ベアトリーチェの最後の微笑」。ペルシャ神秘詩人とダンテとのえにしを探る「スィーモルグと鷲」ほか。「文学の専門家ではなく、一介の読者、作品を楽しみ、自分の読者たちにも一緒に楽しんでほしいと願っている、まさに快楽主義的な読者」の「心の震え」をあますところなく伝える著者晩年の隠れた傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第四歌の高貴な城
  • ウゴリーノをめぐる贋の問題
  • オデュッセウスの最後の旅
  • 慈悲深い死刑執行人
  • ダンテとアングロ・サクソン人の幻視者たち
  • 「煉獄篇」第一歌一三行
  • スィーモルグと鷲
  • 夢の中の出会い
  • ベアトリーチェの最後の微笑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボルヘスの「神曲」講義
著作者等 Borges, Jorge Luis
竹村 文彦
ボルヘス ホルヘ・ルイス
書名ヨミ ボルヘス ノ シンキョク コウギ
書名別名 Nueve ensayos dantescos

Boruhesu no shinkyoku kogi
シリーズ名 神曲
ボルヘス・コレクション / ホルヘ・ルイス・ボルヘス 著
出版元 国書刊行会
刊行年月 2001.5
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 4336042950
NCID BA51966623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想