東風西雅抄

宮崎市定 著 ; 礪波護 編

「東風西雅」は、東西お国振りあるいは東西四方山ばなしの意味をもつ。昭和11年フランス航路での横光利一との出会いにはじまり、桑原隲蔵、内藤湖南、矢野仁一氏らの印象、東西交渉史にまつわる書物談義、中国文化大革命や中東危機への直言など古今東西に亘る深い学識に裏うちされた歴史エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東と西(東と西との交錯
  • 東風西雅録 ほか)
  • 2 日本の中国学(日本の東方史学
  • 概説と同時代史 ほか)
  • 3 新中国への視角(人民共和国の前途
  • 歴史からみたチベット国境問題 ほか)
  • 4 日本から日本へ(元日と誕生日
  • 洛陽だより ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東風西雅抄
著作者等 宮崎 市定
礪波 護
書名ヨミ トウフウ セイガ ショウ
書名別名 Tofu seiga sho
シリーズ名 岩波現代文庫 : 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.5
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 4006030355
NCID BA51956528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想