治療文化論

中井久夫 著

何を病気とし、誰を治療者とし、何をもって治療とするのか。普遍症候群/文化依存症候群の構図に個人症候群の概念を導入し、精神病理と文化を多角的に考察する。治療の仕方、患者‐治療者関係をはじめ無数のことがないまぜになっている「治療文化」から精神医療を根源的に問い直し、人間理解への新たな視点を開く画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文化精神医学をめぐる考察-文化精神医学と文化精神医学者
  • 「文化依存症候群」の問題
  • ヨーロッパの「文化依存症候群」-一つの逆説
  • 「文化依存症候群」についての再考察
  • 「個人症候群」という概念に向かって
  • 「個人症候群」概念導入の試み
  • 三症候群の文化精神医学に向かって
  • 治療文化論
  • 治療文化の諸形態
  • 精神科治療文化の複数性
  • 患者と治療者
  • 週末と新しい地平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治療文化論
著作者等 中井 久夫
書名ヨミ チリョウ ブンカ ロン : セイシン イガクテキ サイコウチク ノ ココロミ
書名別名 精神医学的再構築の試み
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.5
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 4006000529
NCID BA51954340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想