ゲノム解読がもたらす未来

金子隆一 著

遺伝子科学の歴史とゲノム解読計画をわかりやすく解説し、ポスト・ゲノム時代を展望する良質の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒトゲノム計画とは何か(ヒトゲノムついに解読完了
  • ゲノムの物理的実体とは?
  • ゲノムはどのようにして解読されたか ほか)
  • 第2章 遺伝子の発見(遺伝子という概念の誕生
  • 染色体と遺伝子の関係
  • 遺伝子の正体「DNA」発見史 ほか)
  • 第3章 ポスト・ゲノム時代の展望と問題(ゲノム研究はこれから何を目指すか
  • ゲノム情報の医療への応用
  • DNAチップをめぐる開発競争 ほか)
  • 第4章 生命科学はどこを目指すか(人間がゲノム情報に支配される時代の到来
  • ゲノム情報と人権問題
  • ヒト・クローンは本当に禁断の技術か? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲノム解読がもたらす未来
著作者等 金子 隆一
書名ヨミ ゲノム カイドク ガ モタラス ミライ
書名別名 Genomu kaidoku ga motarasu mirai
シリーズ名 新書y
出版元 洋泉社
刊行年月 2001.3
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4896915240
NCID BA51883901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想