日本語の化学

岩松研吉郎 著

日本語は世界一乱れやすい言語だった!?国語の授業で習った日本語は間違いだった!?斬新な視点で日本語を解読した新しい日本語の解釈と新日本語の上級活用術。これ一冊で21世紀は日本語の達人。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 変化する日本語の用法と用例(千円からお預かりいたします
  • 「固」 ほか)
  • 第2章 会話から生まれる新しい日本語の用法と用例(怒っちゃいないですけど、ほんとは怒ってまーす
  • 会いたいけど会いたくない・新逆語 ほか)
  • 第3章 書き言葉に見る日本語の変化の応用(書き言葉と話し言葉
  • 新聞雑誌の言葉変換 ほか)
  • 第4章 移り変わる日本語(なんとなく比喩表現
  • 仲間意識を高める新ジャルゴン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の化学
著作者等 岩松 研吉郎
書名ヨミ ニホンゴ ノ カガク
書名別名 Nihongo no kagaku
出版元 ぶんか社
刊行年月 2001.4
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4821107325
NCID BA51880164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想