誰が数学嫌いにしたのか : 教育の再生を求めて

上野健爾 著

数学を細かい単元に分解して、その並び替えばかりをやってきた一部の数学教育学者やそうした活動を許した数学者、そして検定教科書を無批判に教えてきた数学の先生によって数学嫌いはつくられた。数学嫌いは教育の犠牲者である。数学への偏見をなくしかつ数学愛好者に答える雑誌に連載されたエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 林竹二
  • 鈴木大拙と数学
  • 緩慢な時の力
  • 森有礼と帝国大学
  • 守屋美賀雄先生
  • 追悼宮内久男
  • 落ちこぼれチェロ学習記
  • ゲンリヒ・ネイガウス『ピアノ演奏芸術について』
  • グレン・グールド-未来を読みとる
  • 無調音楽と現代数学
  • アナログとディジタル
  • 書く文化と話す文化
  • 異国の学問にアラビア語を話させる
  • ペータ・ハルティング
  • メルセンヌ
  • 関孝和研究所
  • 二次方程式
  • 緑表紙『小学算数』
  • なぜ、数学を学ぶのか-ある高校生への手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰が数学嫌いにしたのか : 教育の再生を求めて
著作者等 上野 健爾
書名ヨミ ダレ ガ スウガクギライ ニ シタノカ : キョウイク ノ サイセイ オ モトメテ
書名別名 Dare ga sugakugirai ni shitanoka
出版元 日本評論社
刊行年月 2001.4
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4535783330
NCID BA51868894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想