ゲランドの塩物語 : 未来の生態系のために

コリン・コバヤシ 著

フランス北西部の町、ゲランド。伝統的手法を守って採られる天然塩は料理界で珍重されているが、乱開発の波に抗し、地域と産業を再興させた人々の起伏に満ちた営みが、その背景にある。生命多様性の宝庫である塩田からのメッセージは、食の安全性への重要な示唆と、地球規模の環境問題に地域の視点がつながる教訓に満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 揺れるヨーロッパ-食とエコロジー(「狂牛病」騒動の波紋
  • 農薬汚染から遺伝子組み換え食品まで ほか)
  • 2 開発の波に抗して-ブルターニュ地方とゲランド(歴史的背景
  • 塩田の周辺の町と村 ほか)
  • 3 よみがえる伝統と地域-新しい塩職人、共同体(塩職人の暮らし
  • 「68年世代」の運動 ほか)
  • 4 ゲランドは発信する-地域から世界へ(技術援助
  • 塩田博物館の再生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲランドの塩物語 : 未来の生態系のために
著作者等 Kobayashi, Kolïn
コリン・コバヤシ
コリンコバヤシ
書名ヨミ ゲランド ノ シオ モノガタリ : ミライ ノ セイタイケイ ノ タメニ
書名別名 Gerando no shio monogatari
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.5
ページ数 200, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004307309
NCID BA51868271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想