家族本40 : 歴史をたどることで危機の本質が見えてくる : Best selection

山田昌弘 編

本書は、現代家族を社会科学的に理解するための必読文献40冊の解説をおこなったものである。前半部では、家族研究にコペルニクス的転回をもたらしたフィリップ・アリエスの業績からはじめ、近年の欧米と日本における家族研究の現状を示すことを心がけた。後半部では、アリエス以前の家族研究の主要業績を歴史的にたどることを主眼とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 家族の現在・家族論の現在 欧米篇
  • 2 家族の現在・家族論の現在 日本篇
  • 3 家族の起源・家族論の起源
  • 4 「家族」という制度
  • 5 核家族の発見
  • 家族キーワード20

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族本40 : 歴史をたどることで危機の本質が見えてくる : Best selection
著作者等 山田 昌弘
書名ヨミ カゾクボン 40 : レキシ オ タドル コト デ キキ ノ ホンシツ ガ ミエテクル
書名別名 Kazokubon 40
出版元 平凡社
刊行年月 2001.4
ページ数 350p
大きさ 19cm
ISBN 4582745113
NCID BA51867880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想