階級を再考する : 社会編成と文学批評の横断

ワイ・チー・ディモック, マイケル・T.ギルモア 編著 ; 宮下雅年, 新関芳生, 久保拓也 訳

「平等神話の崩壊」や「階級社会の出現」などと階級に関する議論が目立つ昨今、本書は、そもそも階級とはいかなる概念なのか、社会は階級を軸としてどのように編成されてきたのか、英米小説を参照しながら多元的に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 階級を歴史化する(「階級」の社会的編成-分類思考の歴史をめざして
  • 階級とジェンダー、そして換喩の歴史)
  • 第2部 階級の文化(知識人としての文学批評家-階級分析と人文科学の危機
  • 地方色文学と上流階級 ほか)
  • 第3部 階級と文学分析(ホーソーンと中産階級の形成
  • 階級と文学-ロマン主義的チャーティスト運動の場合 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 階級を再考する : 社会編成と文学批評の横断
著作者等 Dimock, Wai-chee
Gilmore, Michael T
久保 拓也
宮下 雅年
新関 芳生
Dimock Wai Chee
ギルモア マイケル・T.
ディモック ワイ・チー
書名ヨミ カイキュウ オ サイコウスル : シャカイ ヘンセイ ト ブンガク ヒヒョウ ノ オウダン
書名別名 Rethinking class

Kaikyu o saikosuru
出版元 松柏社
刊行年月 2001.5
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 4881989561
NCID BA51860371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20244079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想