フーコー

桜井哲夫 著

知の考古学者、フーコー。そのまなざしは、「主体」「権力」「自己」「性」の根元へと向けられる。いかにして人は服従する主体となるのか、あるいは、言説を形作っている知の様式は時代・文化によりどう変わるのか…。もっとも刺激的な思想家を、やさしく、まるごと理解するための最適教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フーコーの生涯と思想
  • フーコー思想のキーワード
  • 三次元で読むフーコー
  • 知のみなもとへ-著作解題
  • フーコー最後のメッセージ
  • 知の道具箱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フーコー
著作者等 桜井 哲夫
書名ヨミ フーコー
シリーズ名 知の教科書 208
講談社選書メチエ 208
出版元 講談社
刊行年月 2001.5
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4062582082
NCID BA51858096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想