太宰治という物語

東郷克美 著

「太宰治」の虚像と実像。作家としての誕生から死まで。「晩年」から「人間失格」まで主要な作品を論じつつ太宰の虚実に迫る。自ら作品の中で「太宰治」という物語を書きつづけ、ついには作品と共に破滅していった内面を論究する力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 逆行と変身-作家「太宰治」の誕生
  • フォークロアの変奏-「晩年」の実験1
  • 小説の小説-「晩年」の実験2
  • 大宰治という物語-「作中人物的作家」の方法
  • 女性独白体の発見
  • 「右大臣実朝」のニヒリズム-戦争と天皇
  • 「津軽」論-周縁的世界への帰還
  • 「お伽草紙」の桃源境
  • 死に行く「母」の系譜
  • 「人間失格」の渇仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治という物語
著作者等 東郷 克美
書名ヨミ ダザイ オサム ト ユウ モノガタリ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.3
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 4480823441
NCID BA51855043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20180113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想