テレビの自画像 : ドキュメンタリーの現場から

桜井均 著

どこに三脚を立て、何を記録し、どう表現してきたか。まもなく50歳になるテレビの、過去・現在・未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドキュメンタリーの原点-現場をルポルタージュする(「見聞録」からルポルタージュまで
  • それは偶然からはじまった-『皿の碑』(1974年8月) ほか)
  • 2 方法の発見-仮説・実証のくり返し(リヴァース・エンジニアリングについて
  • 答えのヒントは、問題設定の中にある-『近隣騒音』(1975年12月) ほか)
  • 3 過去と未来のあいだで-歴史的現在を徹底捜査する(国と法のはざまに落ちた人々-『チョウ・ムンサンの遺書』(1991年8月)
  • 過ぎ去らない過去-『東京裁判への道』(1992年8月) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビの自画像 : ドキュメンタリーの現場から
著作者等 桜井 均
書名ヨミ テレビ ノ ジガゾウ : ドキュメンタリー ノ ゲンバ カラ
書名別名 Terebi no jigazo
シリーズ名 ちくまプリマーブックス
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.4
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 448004244X
NCID BA51853525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想