神風の武士像

関幸彦 著

「神風」伝説はどのように生まれ、神国思想は後世の歴史意識にどんな影響を与えたのか。『蒙古襲来絵詞』などから「神国」の履歴をたどり、武士を誕生させた中世を捉え直す。議論の続く神国観念の問題に一石を投じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「百合若大臣」の世界-説話を読み解く
  • 「神国」の履歴-国定教科書をさぐる
  • 異国合戦の来歴-いくさを考える
  • 「神風」の武士像-『蒙古襲来絵詞』をひもとく
  • 邂逅する中世-再生する歴史と封印される歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神風の武士像
著作者等 関 幸彦
書名ヨミ カミカゼ ノ ブシゾウ : モウコ カッセン ノ シンジツ
書名別名 蒙古合戦の真実
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 120
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.6
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 4642055207
NCID BA51821143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想