スポーツ法学序説

千葉正士 著

スポーツは、現代の世界で最も普遍的な人間活動の一つであり、スポーツ産業は今や多くの国で有数の大産業にまで成長した。しかしスポーツを総体として端的に対象とする科学は発達が遅れた。とくに法学では現行法に触れる法律問題として断片的に瞥見するだけであったが、実は、スポーツは法の問題を多面多様に抱えて学問的アプローチを待望している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前編 スポーツ法学の基礎理論(欧米スポーツ法学の展開
  • わが国スポーツ法学の課題
  • スポーツの法社会学と法人類学
  • スポーツ法学概説)
  • 後編 スポーツ固有法の特質(スポーツ固有法の国家性と国際性
  • スポーツ法の紛争処理機能
  • スポーツ固有法の文化的意義
  • スポーツ固有法の性質と構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ法学序説
著作者等 千葉 正士
書名ヨミ スポーツ ホウガク ジョセツ
出版元 信山社
刊行年月 2001.3
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4797230355
NCID BA51809567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想