時間と自由

ベルクソン 著 ; 中村文郎 訳

ベルクソンの哲学的出発を告げた時間論の古典的名著。「意識に直接与えられた」現実を純粋な時間的持続とみなす立場から、自由の決定論と非決定論の双方を"時間の空間化"として批判した。時間意識の緻密な分析を通して具体的現実の復権と真の自由の顕彰を図った20世紀初頭の思想動向を代表する記念碑的労作である。新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心理的諸状態の強さについて(内包量と外延量
  • 深い感情 ほか)
  • 第2章 意識の諸状態の多様性について-持続の観念(数的多様性と空間
  • 空間と等質的なもの ほか)
  • 第3章 意識の諸状態の有機的一体化について-自由(物理的決定論
  • 心理的決定論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間と自由
著作者等 Bergson, Henri
中村 文郎
服部 紀
ベルクソン
書名ヨミ ジカン ト ジユウ
書名別名 Essai sur les données immédiates de la conscience

Jikan to jiyu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.5
ページ数 311p
大きさ 15cm
ISBN 4003364597
NCID BA51801441
BN05616554
BN08368823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想