祭りと宗教の現代社会学

芦田徹郎 著

祭りの盛衰と葛藤、宗教の変容と逆説をとおして、現代人の「こころ」の在りかと行方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 祭りと宗教の現代社会論的視座
  • 第1章 集合的沸騰の日常化-あるいはエゴイスム/アノミーの制度化
  • 第2章 祭りの盛衰と葛藤-熊本市・ボシタ祭りをめぐって
  • 第3章 祭りの事実と祭りの精神のあいだ-熊本市・(旧)火の国まつりをめぐって
  • 第4章 地域文化の発掘と創出-ふたりの「まれびと」を中心に
  • 第5章 聖なるものの現在とゆくえ-ある新宗教と「むらおこし」の出会いをきっかけに
  • 第6章 新宗教・新新宗教・精神世界-現代日本宗教事情
  • 第7章 神秘体験と日常世界の再構成-開かれた心を求めて
  • 第8章 カニバリズムと臓器移植-日本人の宗教性を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 祭りと宗教の現代社会学
著作者等 芦田 徹郎
書名ヨミ マツリ ト シュウキョウ ノ ゲンダイ シャカイガク
書名別名 Matsuri to shukyo no gendai shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.4
ページ数 344p
大きさ 19cm
ISBN 4790708683
NCID BA51790797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想