デリバティブと確率 : 2項モデルからブラック・ショールズへ

小林道正 著

本書はデリバティブの一つであるオプション価格の数学的なしくみを扱っている。株価などの原資産が1期間ごとに2つの枝分かれをしていくという2項モデルは簡単ではあるが、オプションの概念と数理を理解するにはとてもよい教材である。さらには期間を細かく分割していくことによりブラック・ショールズのオプション評価式まで導ける。本書はこれらのしくみをできる限りていねいに解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 1期間モデルによるオプションの価格(コールオプションの金利なし1期間2項モデル
  • コールオプションの金利あり1期間2項モデル ほか)
  • 2 多期間2項モデル(2期間2項モデル
  • n期間2項モデル ほか)
  • 3 多期間2項モデルからブラック・ショールズ式へ(期間を細かくした場合のオプション価格式
  • ブラック・ショールズ式へ)
  • 4 数学のまとめ(確率と相対頻度
  • 期待値と相対頻度 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デリバティブと確率 : 2項モデルからブラック・ショールズへ
著作者等 小林 道正
書名ヨミ デリバティブ ト カクリツ : 2コウ モデル カラ ブラック ショールズ エ
書名別名 Deribatibu to kakuritsu
シリーズ名 ファイナンス数学基礎講座 5
出版元 朝倉書店
刊行年月 2001.4
ページ数 158p
大きさ 21cm
ISBN 4254295251
NCID BA51786213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想