ルネサンスとは何であったのか

塩野七生 著

そこには、混迷を脱した人びとがいた。30年におよぶルネサンスへの熱情を注いだ最新の文明論。フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアと、ルネサンスが花開いた三大都市を順にたどりながら、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、フリードリッヒ二世やアルド・マヌッツィオなど「ルネサンス」を創った人びとの魅力と時代の本質をわかりやすく説いた、最高の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フィレンツェで考える
  • 第2部 ローマで考える
  • 第3部 キアンティ地方でのグレーヴェにて
  • 第4部 ヴェネツィアで考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンスとは何であったのか
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ルネサンス トワ ナンデアッタノカ
シリーズ名 塩野七生ルネサンス著作集 / 塩野七生 著 1
出版元 新潮社
刊行年月 2001.4
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4106465019
NCID BA51785742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想