肥満は万病のもと : 体脂肪を知る

今川正良 著

肥満は、心臓病・脳卒中・糖尿病などの多くの病気の原因となる。それにもかかわらず、「かくれ肥満」も含め日本人は総肥満化しており、深刻な問題となっている。だからといって、やせていれば健康なわけではない。どのような脂肪が、どこに、どのようについているかが重要。最近、肥満の原因、肥満を防ぐメカニズムなどが明らかにされ、肥満の治療薬や予防薬ができる可能性もでてきた。本書では、肥満や脂肪について解き明かし、肥満対処法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肥満は万病のもと
  • 第2章 やせすぎはだめ!
  • 第3章 脂肪細胞って何?
  • 第4章 脂肪細胞ができるしくみ
  • 第5章 体になくてはならない臓器としての脂肪細胞
  • 第6章 褐色脂肪細胞と肥満
  • 第7章 肥満と糖尿病

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肥満は万病のもと : 体脂肪を知る
著作者等 今川 正良
日本薬学会
書名ヨミ ヒマン ワ マンビョウ ノ モト : タイシボウ オ シル
シリーズ名 健康とくすりシリーズ / 日本薬学会 編
出版元 丸善
刊行年月 2001.3
ページ数 103p
大きさ 19cm
ISBN 4621048791
NCID BA51783623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20170615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想