世界の中の三島由紀夫

松本 徹;佐藤 秀明;井上 隆史【編】

海外の研究者も参加し、海外での三島由紀夫の評価、研究、受容の実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三島由紀夫とヴァレリー
  • ラディゲの役割-三島由紀夫が古典主義的美学を身につけていく過程において
  • ニーチェ、バタイユ、ハイデガー
  • マン、ワグナー
  • 『アポロの杯』の旅の文法
  • 殉教の愉悦-聖セバスティアヌス、レーニ、三島
  • ギリシャとインドの間で-文化的巡礼者としての三島
  • 見えざる「深層」「構造」に命じられて生死した文学-三島由紀夫文学の「根源」あるいは「原型」
  • 三島由紀夫あるいは女の復讐
  • 三島由紀夫に於けるファシズム文学の問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の中の三島由紀夫
著作者等 井上 隆史
佐藤 秀明
松本 徹
書名ヨミ セカイ ノ ナカ ノ ミシマ ユキオ
書名別名 Sekai no naka no mishima yukio
シリーズ名 三島由紀夫論集 / 松本徹, 佐藤秀明, 井上隆史 編 3
出版元 勉誠
刊行年月 2001.3
ページ数 266p
大きさ 22cm
ISBN 4585040439
NCID BA51783113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20232263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想