動物の発育と進化

ケネス・J.マクナマラ 著 ; 田隅本生 訳

ヘテロクロニーとは生物の祖先から子孫にいたる系統発生の途上において、個体発生の過程で、からだ全体の成熟時期、ある器官や構造物が形成される時期、それらの形成順序などに、時間的な変化がおこること。本書では、生物の「形やサイズ」の違いの謎を解き、人類の「精神的幼児化」の背景を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 進化する胚
  • ヘッケルとガースタングの逆さまの世界
  • 来たるべきものの形
  • ある犬の一生
  • 雌雄性にかかった時間
  • 鳥類と腕足類とブッシュバック-種分化におけるヘテロクロニー
  • ピーター・パン症候群
  • 過去の姿、未来の形
  • 形をさらに進化させる
  • 生活の仕方を進化させる
  • 生物学的軍拡競争に活力を
  • 幼児の顔をした超類人猿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の発育と進化
著作者等 McNamara, Ken
McNamara, Kenneth J.
田隅 本生
マクナマラ ケネス・J.
書名ヨミ ドウブツ ノ ハツイク ト シンカ : ジカン ガ ツクル セイメイ ノ カタチ
書名別名 Shapes of time

時間がつくる生命の形

Dobutsu no hatsuiku to shinka
出版元 工作舎
刊行年月 2001.5
ページ数 410p
大きさ 22cm
ISBN 4875023502
NCID BA51781956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想