先住民族の「近代史」 : 植民地主義を超えるために

上村英明 著

先住民族の問題が、単なる「失われた文化」の保存や「奪われた権利」の回復に終わるならば、それは近代社会における「博物館」のような意味しかもたないであろう。本書は、先住民族の歴史や文化を、そうした「近代化」によって「失われた過去」の回復、あるいは行き詰まった「近代」を超えるユートピアとしてではなく、逆に近代国家のただ中でこそ、先住民族が動員され利用された経緯を明らかにする。近代国民国家こそが、先住民族問題を「課題」として生み出したという新たなテーゼを提示し、先住民族研究のパラダイムを切り拓く画期的な力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代オリンピックと先住民族-文化とスポーツの国際化と民族差別
  • 第2章 アイヌ民族と「日本人」の極地探検-先住民族の「遺産(知的所有権)」とその収奪の歴史
  • 第3章 近代国家日本と「北海道」「沖縄」の植民地化-アジアにおける「先住民族」形成の一事例
  • 第4章 大規模「水銀中毒」と先住民族-技術革新と経済成長、そして環境破壊と人権侵害
  • 第5章 「合州国」と「国際連合」を生み出した先住民族-先住民族の政治的知恵としての「連邦制」
  • 第6章 核開発と先住民族の「核植民地化」-核開発を可能にした民族差別の構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先住民族の「近代史」 : 植民地主義を超えるために
著作者等 上村 英明
書名ヨミ センジュウ ミンゾク ノ キンダイシ : ショクミンチ シュギ オ コエル タメニ
シリーズ名 平凡社選書 212
出版元 平凡社
刊行年月 2001.4
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4582842127
NCID BA51775589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想