描かれた時間

益田朋幸 著

ビザンティンからダリ、ロックウェルまで-一枚の絵画のなかに、時間と空間はどのように描かれているのだろうか。その謎を解くことが、絵画を鑑賞するうえでの重要な課題である。西洋絵画における時間の描かれ方を説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物語の構造-中世から近代へ
  • 2 記憶のかたち-古代ギリシアの墓碑
  • 3 愛する人の顔かたち-イコンの「美学」
  • 4 時の中で変わらぬもの-イコンに内在する時間
  • 5 視覚世界の論理-次元の差を描く
  • 6 「私」とは何か-自画像のレトリック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 描かれた時間
著作者等 益田 朋幸
書名ヨミ エガカレタ ジカン
書名別名 Egakareta jikan
出版元 論創社
刊行年月 2001.3
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4846002659
NCID BA51770836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想