律令貴族と政争 : 藤原氏と石上氏をめぐって

木本好信 著

氏姓制から律令制への大きな社会変革のなかで、古代豪族たちはどのように変貌をとげていったのか。藤原氏と石上氏の関係を中心に、古代の政治闘争を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 石上氏の成立-物部氏から石上氏へ
  • 1章 石上麻呂と藤原不比等
  • 付論 石上麻呂の子女について
  • 2章 石上乙麻呂と藤原宇合・広嗣父子
  • 3章 石上宅嗣と藤原良継・百川兄弟
  • 付論 石上息嗣
  • 終章 石上氏と藤原氏-その関係と氏族的性格

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令貴族と政争 : 藤原氏と石上氏をめぐって
著作者等 木本 好信
書名ヨミ リツリョウ キゾク ト セイソウ : フジワラシ ト イソノカミシ オ メグッテ
シリーズ名 塙選書 97
出版元 塙書房
刊行年月 2001.4
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4827330972
NCID BA51754738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想