表現的世界の論理

務台理作 著

"行為"と"表現"の弁証法的関係を論じ、ヘーゲルおよび西田・田辺哲学を内在的に批判しつつ独自の"表現的世界の論理"を解明した務台理作青年期の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 表現と論理(論理と日常的世界
  • 形成的人間
  • 矛盾の論理
  • 全体主義の論理 ほか)
  • 附論 表現的世界の論理
  • 第2部 人間の問題-現代における人間の問題
  • 第3部 親鸞考(私からみた親鸞
  • 日本思想における親鸞
  • 在家の念仏者
  • 親鸞聖人と全人的ヒューマニズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表現的世界の論理
著作者等 務台 理作
書名ヨミ ヒョウゲンテキ セカイ ノ ロンリ
書名別名 Hyogenteki sekai no ronri
シリーズ名 務台理作著作集 / 務台理作 著 ; 沢田允茂, 永井博, 上田薫 監修 ; 古田光 ほか編 第3巻
出版元 こぶし書房
刊行年月 2001.4
ページ数 352, 2p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 4875591535
NCID BA51753316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想