教育人間学入門

クリストフ・ヴルフ 編著 ; 高橋勝 監訳

あらゆる教育実践と教育研究は、つねに何らかの人間理解を前提としている。しかし、ポストモダン状況といわれる現代において、その「人間」をどう捉えたらよいのか。「人間」は消滅したのではなかったか。ドイツの教育人間学の伝統を継承しながらも、英米の文化人類学やフランスの構造主義的歴史学の方法を吸収して、脱領域的な教育人間学の再構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歴史的教育人間学の基礎
  • 1章 教育におけるミメーシス
  • 2章 文字と主体
  • 3章 メディア・テクノロジーの人間学
  • 4章 経験することと学び
  • 5章 他者への問い
  • 6章 倫理学と人間学のかけ橋としての幸福
  • 展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育人間学入門
著作者等 Wulf, Christoph
高橋 勝
ヴルフ クリストフ
書名ヨミ キョウイク ニンゲンガク ニュウモン
書名別名 Einführung in die pädagogische anthropologie

Kyoiku ningengaku nyumon
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2001.4
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 447240253X
NCID BA51737080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想