中世フランスの軍隊 : 1000-1300軍事大国の源流

デヴィッド・ニコル 著 ; アンガス・マックブライド 彩色画 ; 桑原透 訳

本書ではフランス王国を南北に分け、それぞれの軍事化の過程と軍隊の構成を解説している。当初「ミレス」と呼ばれていた戦士たちが中世の「騎士」へと変わりゆくなかで、どのようにフランス軍で機能していったか理解することができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北フランスの軍隊(訓練
  • 装備類と階級
  • 封建的軍役
  • 騎士道の理念
  • 傭兵と歩兵
  • 民兵
  • 工兵と兵站部
  • 馬)
  • 南フランスの軍隊(減退と現実
  • 民兵)
  • 戦略と戦術
  • 参考文献
  • カラーイラスト解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世フランスの軍隊 : 1000-1300軍事大国の源流
著作者等 McBride, Angus
Nicolle, David
桑原 透
マックブライド アンガス
ニコル デヴィッド
書名ヨミ チュウセイ フランス ノ グンタイ : 1000 - 1300 グンジ タイコク ノ ゲンリュウ
書名別名 French medieval armies 1000-1300
シリーズ名 オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ
出版元 新紀元社
刊行年月 2001.3
ページ数 50p
大きさ 25cm
ISBN 4883178536
NCID BA51723439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想