山の大気環境科学

土器屋由紀子 ほか編著

地球環境問題の解決に山で観測すると何がわかるか、こんな観点から山岳大気観測をやっている若手研究者を中心にまとめたのがこの本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(概説:山岳を使った大気研究
  • 山岳大気観測の歴史
  • 雪とアルベド
  • 山の大気を理解するための気象学講座
  • 山岳大気観測よもやま話)
  • 第2部 各山岳大気観測(北海道の山
  • 北関東の山
  • 八方尾根における酸性雨-北アルプス、八方尾根で観測されたオゾン・エアロゾル・酸性雨
  • 富士山頂での観測
  • 中国・四国地方
  • 桜島起源の酸性ガス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の大気環境科学
著作者等 土器屋 由紀子
岩坂 泰信
直江 寛明
長田 和雄
書名ヨミ ヤマ ノ タイキ カンキョウ カガク
出版元 養賢堂
刊行年月 2001.3
ページ数 185p
大きさ 21cm
ISBN 4842500727
NCID BA51701287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20210450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想