アジアの経済的達成

渡辺利夫 編

この半世紀にアジアが掌中にした経済的成果は何であったのか。アジア経済の内実を国際経済学の観点から究明するとともに今後の開発経済学が展開すべき方向を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グローバリゼーションの中のアジア(貿易・直接投資依存型成長のメカニズム
  • 貿易・直接投資関連政策と経済成長
  • 直接投資とイノベーション-東アジアの所得格差と経済成長
  • 技術移転と社会能力-工業化と技術の波及メカニズム
  • 構造調整と開発援助の危機-アジアと世銀・IMF
  • アジアの危機の原因と政策対応-よりよい代替案を求めて
  • アジア経済の将来-計量分析による成長展望)
  • 第2部 開発の現段階と課題(NIES-韓国ポスト成熟の方位
  • ASEAN-インドネシアの光と陰
  • 中国-経済改革の理論と実践
  • グローバリゼーションとインド国民経済の全容)
  • 第3部 開発の思想と理論(開発経済学に問われているもの
  • ネオリベラリズムの成果と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの経済的達成
著作者等 渡辺 利夫
書名ヨミ アジア ノ ケイザイテキ タッセイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2001.4
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 4492442731
NCID BA51689465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想