虹の解体 : いかにして科学は驚異への扉を開いたか

リチャード・ドーキンス 著 ; 福岡伸一 訳

『利己的な遺伝子』で科学界を震撼させたドーキンスは本書において、彼のホームグラウンドである生物学・進化学から脳科学・ゲノムサイエンス・認知心理学、はては物理学・宇宙論を縦横に援用し、科学がはらむ"センス・オブ・ワンダー"をさまざまな側面から解剖する。そこに浮かびあがるのは、ヒトとは何か、どのようにして生まれたか、という最終的な問いへの答であった…天才ドーキンスにしか書き得なかった究極の科学啓蒙書、待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日常性に埋没した感性
  • 客間にさまよいいった場違いな人間
  • 星の世界のバーコード
  • 空気の中のバーコード
  • 法の世界のバーコード
  • 夢のような空想にひたすら心を奪われ
  • 神秘の解体
  • ロマンに満ちた巨大な空虚
  • 利己的な協力者
  • 遺伝子版死者の書
  • 世界の再構成
  • 脳の中の風船

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虹の解体 : いかにして科学は驚異への扉を開いたか
著作者等 Dawkins, Richard
福岡 伸一
ドーキンス リチャード
書名ヨミ ニジ ノ カイタイ : イカニシテ カガク ワ キョウイ エノ トビラ オ ヒライタカ
書名別名 Unweaving the rainbow

Niji no kaitai
出版元 早川書房
刊行年月 2001.3
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 4152083417
NCID BA51676838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想