日赤の創始者佐野常民

吉川龍子 著

幕末のパリ万博で、赤十字に感銘を受けた日本人がいた。西南戦争の最中、博愛社を創設し、日本赤十字社に発展させ事業を推進、看護婦の養成に力を注ぐなど、知られざる功績と赤十字の事業や歴史を辿り、実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本赤十字社と佐野常民-プロローグ
  • 佐野常民と万国博覧会(精煉方主任
  • パリ万国博覧会へ ほか)
  • 日本赤十字社の設立(博愛社の設立
  • 博愛社の歩みとともに ほか)
  • 看護婦の養成と救護(赤十字看護教育の開始
  • 相つぐ災害救護 ほか)
  • 時代とともに生きる-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日赤の創始者佐野常民
著作者等 吉川 竜子
吉川 龍子
書名ヨミ ニッセキ ノ ソウシシャ サノ ツネタミ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 118
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.5
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4642055185
NCID BA51675755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20175299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想